JANIC BPMとは

世界初の新技術であるBPM (別名IPM)技術を紹介しています。

世界各国の一流の医療技術、治療技術、自然技術、科学技術などの集大成をとり、
人や生き物の健康や美、仕事や暮らしをこれまでにない新スタイルでサポートしている企業です。
BPMを世の中に提供する役割から、人々の本来持っているスペックを引き出し、
生きていく過程の中で必要とする最大の答えを提供し、 活気のある人生をサポートすることを心がけています。

BPMとは

-Bhashini Psychosomatic Medicine-


1925年にドイツで解明され、日本には、1962年に九州大学で取り入れられた、
ドイツの全ての医科大学の必須科目である心身医学の考え方を元に、
その他世界各国の50種類もの一流技術を組み合わせたその集大成であり最先端のヒューマンケア技術です。
身体に生じるトラブルが、目に見える領域以外に後2つの領域に影響されて生じるという解説をしている
新発想で、30年以上根本原因にアプローチする技術として
多くの人々の中で素晴らしい結果を提供してきました。

物理的に人体のトラブルや病気予防を行うことに現代医学でも限界が来ている
今、BPM技術はそこに当てた多くの解決をしています。

BPMの考え方
人々の人生をより豊かにするためにも健康を維持するために必要なメソッドとして、
大自然から取り入れた恵みを使ったケアを目指しています。薬や手術に頼らずに、病気の予防や
健康管理のために自然の中の恵みを取り入れていくコンセプトを持った活動を目指しています。


BPM活動の一部

51種類もの学問や技術の集大成を用いて、人々の暮らしや健康に素晴らしい影響力を与え続けています。

●無農薬の自然栽培、花とハーブの自然菜園、無農薬のハーブの良さを皆様に知ってもらう、エコ環境活動。

●子育てに良い環境
 自然と触れながら過ごす幸せな空間作りと子育てサポート、ケア。

●高齢者の皆様を元気付ける自然と、ペットと子供たちと触れる空間作り、セラピー施設開催。

●ペットと飼い主のケア
 ペットの健康は飼い主のメンタルから。
 量子もつれや思考の影響力を飼い主とペットはお互いに影響を与え合っていると分析できる。
 飼い主のストレスケアをして、ペットの健康を守り、ペットの良くない癖を治したり、
 また、ペットの健康ケアから飼い主の心身の健康を守る。

●子育て技術
 世界でベストな子育て教育として選ばれたトップ10の教育システムの集大成をとったプログラム。
 子どもがもつ本来のスペックを引き出すやり方を子どもから教えてもらい、
 そこから子ども本人だけでなく親子関係への教育も行う。
 子育てにおいて両親を楽にさせ、子ども達をカリスマの道に案内する新子育て方法。

●メンタルケア
 人の悩みやメンタルのトラブルは本当はどこから現れるのか?
 それぞれの悩みをつくる基礎となった7歳までの5つの心の傷とその他の本質的な観点を分析した
 新セッションスタイル。

●ビジネスの違い
 稼げているビジネスと稼げていないビジネスの違い。
 資産家の教師による労働者社会と資産家社会の本質的な違いを学び、稼ぐ自分へと
 ステップアップできるプログラム。

●心身と食事の関係性
 これまでは、世間が食事というものに対して栄養バランスにしか意識を向けていないケースが多い中、
 BPMでは、食事から心身のケア、つまりメディカルフードとして解明したフード療法。
 食べ物、テーブルセッティング、食器、大好物と心の関係などを元に食事も一つの施術として
 考えています。

●菜園・栽培のサポート
 鉱物と特定の言葉の振動療法から植物を育て、それぞれの植物から得られるものを
 より有効なものにする技術。

●カップルとブライダル
 世の中に存在する、恋人、夫婦、両親というカップルの人生をより幸せなものにするために、
 カップルの本質的な習性を理解し、本能的なところから解決していくプログラム。

●美とダイエット・アンチエイジング
 ダヴィンチが解明した人体のメカニズムを元に、その他あらゆる美の技術の集大成と共に、
 脳から痩せたり、脳から美しくなったりする技術。

●ボディーケア
 予防施術として、美のトラブルや病気になる原因を表面に見える症状を足掛かりに、
 その症状を生み出す7つの本質的な原因と3つの三角の影響力を分析して予防する。


BPM技術で教える原因と結果の三角の活用法

BPMとは、自然が生み出した宝を人々の人生の力にしていく技術です

多くの人は、人生の様々な結果に影響を与えるのは
物理的な面からだけだと勘違いしています。
しかし、健康で経済的に豊かな人々は、その家族と共に、
人生に素晴らしい結果を得る過程の中で
この3つのポイントをバランスよく生きていたことが
わかります。
どんな結果においても、人は物理的な影響力以外に、
自分が影響されている残りの2つの原因の理解を
持って生きれば、賢く結果を出せる人生へと変化しますし、
無駄なストレスも抱え込まないですむのです。

結果を出す過程の中で物理的な原因は1/3しか
私たちに影響していません。
BPMという学問は、その他の2つの影響力に対しても
理解を得ることが大切と考えています。
それがわからないまま生きていても、
物理的な領域の知識だけでは、
求める結果に辿り着けないでしょう。
人生のそれぞれの結果に対して、
それぞれの3つの三角形の原因のバリエーションが
あることを理解していくことも大切です。
そのためにBPMが存在しました。
これまでの主に物理的な影響力しか知らなかった人生と
この3つの三角形の影響力のバリエーションを
知って生きる人生と比べると、生きる人生は全く別物だと
言えます。
生き方や結果の出し方が全く異なります。